Q&A

デザインについて

Q.デザインを依頼したいのですが、ロールバックが得意とする業種や分野、また製作実績が知りたいです。

A.

民生品から機械装置まで、かっこよく実用性に富んだデザインが得意です。また「設計」への連携を前提として「デザイン」が得意です。

Q.企画はあるのですが、図面がなく、手書きのラフしかありませんが、依頼できますでしょうか?企画はあるのですが、図面がなく、手書きのラフしかありませんが、依頼できますでしょうか?

A.

「こうしたい」という企画と、手書きのラフな画があれば問題ございません。当社はデザイン、設計、図面データ作成、試作までをワンストップで行えますので、お気軽にご相談ください。

設計について

Q.図面の修正だけでも依頼しても良いでしょうか?

A.

問題ございません。図面修正だけでもお気軽にご相談ください。3Dから2Dへの図面化も対応できます。

Q.ロールバックはどんな分野の設計を得意としていますか?

A.

精密機器、医療系、アミューズメント、自動車、他、筐体設計が得意です。

光造形について

Q.光造形を依頼するには、3Dデータはこちらで用意しないといけませんか?もしくは3Dデータの作成は依頼できますか?

A.

2次元図面をご提供いただく際は、DXFかDWGデータであれば対応できます。またポンチ絵やラフスケッチからのデザイン、データの作成も可能です。

切削加工について

Q.試作切削加工はどんな素材(材料)での加工が可能でしょうか?

A.

金属では、アルミニウム、ステンレス、マグネシウム、真鍮、銅等が加工が可能です。プラスチック・樹脂では、ABS(ナチュラル・黒・透明)、ポリカーボネート(透明、黒、GF強化)、POM(白、黒)、アクリル(透明、乳白色)、ナイロン(PA6、PA66、MC)、PEEK、PBT、ベーク等が加工可能です。

金型について

Q.簡易金型で成形可能な数量、ロット数は制限がありますか?

A.

材質や形状により、成形可能な数量は変わりますが、100個~2000個程度まで対応できます。1個からの少量でも可能ですので、ご相談ください。

注型について

Q.ゴム製品は対応可能でしょうか?

A.

真空注型であれば、材質はウレタンゴム、 また、アクリル型を作製した手法で、シリコンゴム(40°もしくは60°となります)も対応可能です。同様に調色も可能です。

Q.シリコンゴム型での真空注型は、どんな材料が使用できますか?

A.

ウレタンとエポキシ、ウレタンゴムが対応可能です。調色は色見本をご指定いただければ対応可能です。