光造形

ロールバックの「光造形」

複雑な形状を、高速かつ、低コストで実現する光造形

光造形とは

形状確認、機械部品、営業用サンプル、加工用マスター、など として利用でき、航空宇宙、自動車、建築、家電、玩具等の幅 広い分野の試作に用いられています。更にはCTスキャナー、 MRI、3次元測定器の断層データを基に、骨や患部の立体樹 脂モデルを製作するなど医療分野でも応用されています。 また、真空注型のマスターモデルとして利用することもできます。

DMG社5軸マシニングセンター+パレットチェンジャー高精度・短納期・コストパフォーマンスを実現

・3Dソリッドデータを基軸に、高い精度でデータ通りの形状を高速で作成することが可能
・複雑な形状を驚くほどの速さで成形することができます
・切削加工などと比較すると、大幅なコストカットが期待
・液体樹脂を硬化させて造形するので、角のエッジを保てる

・製品の大きさなどにもよりますが、多数個を作成すると価格が高額になってしまう場合がある
・強い衝撃に弱く、特に積層方向に力が加わると破損しやすい
・使用する樹脂の主成分はエポキシで他の素材は選べません

光造形の製作実績

アミューズメント

アミューズメント

電子機器