鋳造

ロールバックの「鋳造」

お客様の用途と希望に合わせた鋳造をご提案

石膏鋳造

短納期可能=試作向き

石膏鋳造とは、金型を使わない鋳造法の1つで、石膏で型を作り鋳造します。 複雑な形状のもの、表面に微細な凹凸のあるものの鋳造ができます。 ダイカストと同じレベルの鋳肌・薄肉の鋳造品を短期間(短納期)で提供できるので、ダイカスト品の試作やダイカストレベルの部品の少数・小ロット生産に適しています。

ロストワックス

精度重視=量産向き

ワックス(ロウ)の性質である比較的低温で溶けることを利用した鋳造法です。 金型にワックスを注入し、高精度な模型を作成し、それを基にした鋳型に金属を流し込みます。 つまり、ステンレス・鉄・銅・アルミなど材質に関係なく、複雑な形状でも柔軟に対応できるのです。

石膏鋳造とは

石膏鋳造はこのような時に対応致します。
  • 新製品開発に伴う鋳造試作
  • 量産品を想定した検証実験をしたい場合
  • 多品種小ロット製品に対しての部品
  • 石膏鋳造は必要数量のみを短納期で対応
  • 金型を紛失してしまった場合
  • 金型が間に合わない場合

石膏鋳造は金型を使わない鋳造法でアルミニウム・亜鉛に適しています
  • 石膏鋳造により、ダイカスト品並の鋳肌、
    寸法精度が得られます
  • 鋳造は多品種、少量生産に適しています
  • 転写性が良く、凹凸文字等も可能です
  • 機械加工では製作が難しい形状でも鋳造なら可能です
  • 抜き勾配無し及び、多少のアンダーカットも可能です

石膏鋳造の製作実績

鋳造1(石膏)

鋳造2(石膏)

ロストワックスとは

複雑形状が製造できるロストワックスの特長を生かす
  • 複雑な金型構造でも高精度で作れます
  • 大気中で溶かせる金属であれば何でも製品化できます
  • 小ロット、数個から対応できます
  • 成型材がワックスですから金型の劣化がありません
  • アルミブロックを削るだけで完成します硬化処理不要

ロストワックスの製作実績

鋳造1(ロストワックス)

鋳造2(ロストワックス)